ボールコントロールとは?コントロールするべき5つの要素

ワンポイント

こんにちは!TIPS金山 コーチのモトハです!

今回はボールコントロールについてのワンポイントアドバイスです。

狙った所に打てると、ゲーム展開がもっと楽しくなっていきます!

コースをついて、相手を走らせて、オープンコートができたらそこを狙ってエースを取るととても気持ちがいいです!!

今回はまず、ボールコントロールの目的、そしてボールコントロール5つの要素について解説していきます。

ボールコントロールの目的・・・相手をコントロールすること

ボールコントロールの目的とは・・・

「相手をコントロールすること」

まず大前提として覚えておいてほしいのが、テニスは相手がいるスポーツです。

相手のいないところ、相手が嫌がるボールを打ち、相手の反応を見ながらゲーム展開をしていく必要があります。

相手をコントロールして自分が有利になるようにゲーム展開するための手段として、ボールコントロールは必須の技術です!

この目的を忘れてしまい、自分のボールだけを見てしまったり、自分のフォームばかり気にしてしまうと視野が狭くなり、ミスが増えていきます。

テニスは相手がいるスポーツだということを念頭に置き、相手のボールに合わせて動き、どのようなショットで相手を動かすかを考えられると、今よりもっとゲーム展開が楽しめると思います!

ボールコントロールの5つの要素

ボールを打つときにコントロールするべき要素が5つあります。

それは・・・

  • 打つ方向
  • 距離
  • スピード
  • 高さ(軌道)
  • 回転(量と向き)

この5つの要素をコントロールしてボールを打っていきます。

どれか1つでも苦手な要素があると、ボールコントロールは上手くいきません。ミスにつながってしまったり、甘くなって相手のチャンスボールになってしまいます。

ボールコントロールと聞くと真っ先に思い浮かぶのが「打つ方向」だと思います。

それだけでは、想像力が足りません。

相手をどのような状況にしたいのかを考えてみてください。

横に走らせたいのか、後ろに下げたいのか、ライジングで処理をさせたいのかなどなど・・・色々な状況が考えられます。

例えば、相手を後ろに下げたいのであれば、

深いボールでさらに高い軌道、そしてぐりぐりスピンで打てば、相手はポジションを後ろに下げて打つことになります。(距離+高さ+回転のコントロール)

また、前後に揺さぶりたいのであれば、

ゆっくりなボールで、深く打ってから前に落とすと、相手は前後に走ることになります。(スピード+距離のコントロール)

このように、ボールコントロールの5つの要素を組み合わせて相手をコントロールしていきます。

想像力を高めて、相手をコントロールするためにはどのようなボールが必要か考えながらプレイしてみてください!!

ちなみにですが・・・インスタグラムで1分間的当てチャレンジ見ていただけたでしょうか?

ぼくと、フロントの石川さんが1分間的当てチャレンジしました!

今回のブログテーマがコントロールということで、ここにも動画載せますので見てみてください!!

ここで偉そうにコントロールについて語ってますが、あまり当たってません。

そこは勘弁してください(笑)もっと練習します・・・

インスタグラム・TikTokにも動画アップしてます!

ぜひフォローと「いいね」よろしくお願いします!!

まとめ

今回はボールコントロールの目的と5つの要素について解説していきました。

コントロールの方法というよりは戦術面の話に偏ってしまいましたが…

とにかく気持ちよく打てればいいんだ!という人にとってはあまりためにならない内容ですが、試合に出たり、戦術を覚えていきたい人にとっては必須の考え方だと思います!

また細かいコントロール方法については、ブログやレッスン中にお話ししていきます!

日々のレッスンでお試しください!!

以上、ワンポイントアドバイスでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました